看護師 転職

結婚や出産後は仕事への姿勢は変わりますか?

ほとんどと言っていいほど、看護師は、結婚や出産を機に、働き方を変えています。
特に小さな子供がいる場合、常勤のように不規則な勤務をするのは、難しいという方が多く、
パートや派遣で働く方も沢山いるんですよね。

 

私も、出産を機に、休職し、現在の緩和ケア病棟に転職しました。
2人の子供は、小学1年生と保育園の年少さんなので、まだまだ手がかかります。
特に、長女は先天性の病気があるので、常に助けが必要なんです。
でも、私の場合、夫がとても協力的なので、常勤で働く事ができています。
夫は、子供の世話はもちろん、家事や料理もしてくれるので、とても感謝しているんですよ。

 

結婚や出産を経て、自分がとても成長したと思っています。
子育てを通して経験した事を、仕事にも活かせると思っているんです。

 

働いている緩和ケア病棟は、終末期の患者さんが入院しているんですが、
高齢者ばかりではなく、20代や30代、それに子供もいるんですよ。

 

まだ小さな子供を抱えた方が患者さんになるケースも良くありますし、働き始めた頃は、自分より若い方が、
死に直面している事が想像できませんでした。

 

自分にも小さな子供がいるので、もしパパやママが亡くなったら?両親の面倒は誰が見るの?もし自分だったらどうする?
といった感じに、常に考えるようになったんです。

 

独身時代は、人の事をあまり考える事がなかったので、精神的に辛くなるのを避ける為に、
患者さんの事を、一歩引いた目で見ていたと思うんですね。
でも、結婚して育児をしている今は、常に相手の立場になって物事を考える事が出来るようになったんです。

 

結婚や出産というのは、本当に人間を大きく成長させてくれると思っています。
仕事をする上で、家庭を持ったり、育児をしている事は、とてもプラスになっています。